私がとても好きだなぁと感じた曲

いろんな方に2016年に流行った曲のランキングベスト5を作って頂きました!
MENU

私がとても好きだなぁと感じた曲

選んだ人のプロフィール

20代 男性 フリーター

 

1位:前前前世・RADWIMPS

大人気となった映画『君の名は。』を友人から見に行こうと誘われあまり知らなかった私は付き添いのような感覚でついて行ったのですが、とても面白く特に劇中に流れていたこの曲の事が気になり家に帰ってからすぐ検索しました。RADWIMPSという名前は聞いたことがあったのですが、曲をしっかりと聞いたのは初めてでさらにはファンになってしまいこれまでにでたCDをできるだけ購入することにしました。私の中で特に推している曲でありアーティストです。

 

2位:PPAP・ピコ太郎

この楽曲を聞いたときのインパクトはこの先忘れることはないのではと感じるほどのものでした。最初は面白い曲だなぁというところから入り聞けば聞くほど頭から離れなくなりつい口ずさんでしまうような曲だと思います。

 

特にインパクトを受けたのは歌でありながら歌わないでいるという部分です。語りかけるような歌の方法は時々使われている方がいましたが、それ以上に大胆な方法を使っていたのでこれだけ多くの話題を呼んだのかなと思っています。

 

3位:スミレ・秦 基博

秦基博さんは昔から知っていて時々曲を聞いていたりはしていたのですが、この曲は私の中でかなり好きな曲調で何度も繰り返し聞いていたくなる曲です。ドラマ『スミカスミレ』の主題歌として使われていたこともありテレビ番組でもよく取り上げられたり生放送で演奏していたりと耳にする機会がよくありました。キャッチーなメロディーなのですぐに覚えてしまい3回目くらいからは一緒に歌ってしまっていたのを覚えています。明るい曲なので、テンションを上げたい時に聞いています。

 

4位:恋・星野源

こちらもドラマ『逃げるが恥だが役に立つ』に起用されている曲であり、俳優を務めながら歌手でもある星野源さんが歌唱している曲です。以前に発売された『SUN』という曲を聞いた時から好きになり、必然的にこの曲を聞く機会がありすぐにこちらも好きになりました。

 

キャッチーでありながら聞くと声を無しにしても星野源さんの曲とわかってしまうような雰囲気を持っていると感じています。流行している恋ダンスのように聞いていると不思議と踊りたくなってきます。

 

5位:サイレントマジョリティー・欅坂46

普段は、アイドルの曲を全く聞くことがないのですがネット上で話題になっていたことをきっかけにこの曲を知りました。いい意味でアイドルらしくない曲調とミュージックビデオに惹かれ、その日から何度も聞くようになりました。斬新のメロディーがとても好きでこんな素敵な曲を作ることができるのかと感動し嬉しくなりました。欅坂46のデビュー曲ということでダンスの初々しさの中にあるかっこよさだったり様々な要素が詰め込まれているなぁと感じます。

このページの先頭へ